文字認識ソフトTesseract
 快適ソフトトップへ 
 
       
 Tesseract 紹介・DownLoad・インストール   追加の言語辞書のダウンロード(必須) 
 オプション   Tesseractの使い方 
 TessToolの紹介   TessToolのダウンロード   試用体験記 

 文字認識ソフトTesseract

                                   更新 2021/09/07(火)                                      (C)文責 炭本 治之  

 ■Tesseractの紹介

  書籍のページをスキャンして画像ファイルにして,   その画像ファイルを文字認識させて,テキストファイルを作成することができます。   文字認識するソフトをOCR(Optical Character Recognition)ソフトと呼びます。   Tesseract(テッセラクト)はフリーのOCRソフトです。

 ■ダウンロード

  Windows版のインストーラは,ドイツのマンハイム大学が公開しています。   2021年8月12日時点での64ビット版の最新版は次のファイル名です。    tesseract-ocr-w64-setup-v5.0.0-alpha.20210811.exe  51,741KB   お使いのWindowsが64ビット版ならこれをダウンロードします。

 ■「管理者権限のないユーザー」でインストール

   (1)ダウンロードした上のファイルをWクリック           実行ボタンをクリック           Nextをクリック           I Agreeをクリック           Additional script data (download)をクリックし,       Japanese script       Japanese vertical script      にチェックを入れます。           Additional language data (download)をクリックし,       Japanese       Japanese vertical      にチェックを入れます。           Nextをクリック          ユーザー名が WebUser であれば,上のように次のフォルダにインストールされます。      C:\Users\WebUser\AppData\Local\Programs\Tesseract-OCR      Nextをクリック。      インストールと言語辞書ファイルのダウンロードが行われます。         (2)インストール成功を確認する     スタート,すべてのプログラム,アクセサリ,コマンドプロンプトを起動し,     次のように入力します。      cd C:\Users\WebUser\AppData\Local\Programs\Tesseract-OCR      tesseract -v          上のようにバージョンが表示されたらインストールは成功しています。    (3)環境変数のpathにTesseractインストール先フォルダを追加     スタート,コントロールパネル,右上の「コントロールパネルの検索」テキストボックスに     「環境変数」と入力して改行すると,下の画面になります。          「環境変数を編集」をクリック          Pathを選択して「編集」をクリック           上のように,環境変数Pathには,末尾に,       ;C:\Program Files\Tesseract-OCR      が追加されているのが分かります。      実際には,この位置にはTesseractはインストールされていません。      (エクスプローラでC:\Program Filesの下を見るとTesseract-OCRフォルダは作成されていない)      そこで,この部分を次のように書き換えます。       ;C:\Program Files\Tesseract-OCR         ↓       ;C:\Users\WebUser\AppData\Local\Programs\Tesseract-OCR    (4)環境変数の設定が正しいことを確認     スタート,すべてのプログラム,アクセサリ,コマンドプロンプトを起動し,     次のように入力します。      tesseract -v     バージョンが表示されればPathの設定は成功しています。    (備考)インストール先フォルダをエクスプローラで開くには       ユーザー名がWebUserであれば,上部のテキストボックスに,次のように入力         c:\users\webuser\appdata\local\programs  (Windows7の場合)       または,次のように入力しても,開くフォルダの候補一覧が表示されます。         c:\users\webuser\     

 ■「管理者権限のあるユーザー」でインストール

   (1)インストール     「管理者権限のないユーザー」でインストールする場合とほぼ同じ手順でインストールできます。          Install for anyone の場合,インストール先はC:\Program Filesの下になります。         (2)インストール成功を確認する     スタート,すべてのプログラム,アクセサリ,コマンドプロンプトを起動し,     次のように入力します。      cd C:\Program Files\Tesseract-OCR      tesseract -v     バージョンが表示されたらインストールは成功しています。    (3)環境変数のpathにTesseractインストール先フォルダを追加     スタート,コントロールパネル,右上の「コントロールパネルの検索」テキストボックスに     「環境変数」と入力して改行。     「システム環境変数の編集」をクリックし,Pathに,       ;C:\Program Files\Tesseract-OCR     を追加します。    (4)環境変数の設定が正しいことを確認     スタート,すべてのプログラム,アクセサリ,コマンドプロンプトを起動し,     次のように入力します。      tesseract -v     バージョンが表示されればPathの設定は成功しています。    (備考)Winodws版インストーラは前述のようにPathの設定でバグがあります。       フリーソフトにはこのように軽微なバグがあるのが普通です。       軽微なバグがあっても十分利用できます。

 ■アンインストール

   スタート,コントロールパネル,プログラムのアンインストールで実行します。 (終わり) ページの先頭へ