センター試験・資格試験対策ソフトウェア販売 特定商取引法に基づく表記 
  快適ソフト ロゴ
 更新 2022/07/28(木)
フリーソフト
 タッチタイプ練習ソフト タッチタイプ   空欄問題ソフト 1秒1答フリー版   英和辞書ソフト マウスオーバー辞書 
 筋トレ記録ソフト 筋トレ記録 
 文字認識ソフト Tesseract(テッセラクト) 
 会計ソフト 快適かんたん会計 
有料ソフト・サービス
 センター試験英単語集 最セン単 
 お客様からの連絡   旧Webサイト 
 パソコントラブル対応   お問い合わせ 
ブログ
 学習関連   ソフトウェア関連   級友・学校関連 
 アレルギー体験記 
 犯罪と法律   法的措置 
 

中学の頃はタッチタイプ習得の黄金期

タッチタイプを身につけるのは中学生のときが最適です。 中学生のときなら,毎日まじめに練習すれば,1ヶ月でだいたい身につけてしまいます。 次に適しているのは,高校生・大学生のとき。 成人してからでは,タッチタイプ習得にはもっと長い期間が必要になります。

■タッチタイプできることの長所

(1)文書作成が速い 例えば,A4用紙1枚分の文書を作る場合。 タッチタイプできない人なら,2時間かかることがざらにあります。 タッチタイプできれば,30分で作成できます。 この差は大変な差です。 タッチタイプできない人なら2日かかる作業でも, タッチタイプが得意な人は半日で終わることになります。 (2)肩が凝らない タッチタイプできない人がパソコンで文章を作成すると,たいていは肩こりになります。 タッチタイプできれば,手のひらの底の部分を載せたままでタイプするので, 肩こりになることがありません。 (3)調査が速い 検索キーワードを指定してGoogleで調べ物をすることがよくあります。 タッチタイプできれば,検索キーワードの指定も速いので,調査も速くできます。 (4)なんだかカッコいい,知的に見える ピアノを弾くのがうまい人を見ると,器用だなカッコいいなと思いますね。 同様に,タッチタイプが速いと他人から感心されることよくあります。 同級生からも一目置かれるようになります。 (5)書類でのコミュニケーション能力が向上する 申込書,提案書,推薦文を作成する 抗議文を作成する,調停申立する,訴状を作成する Webサイトで自社製品を広告する,など。 大人になると,書類でのコミュニケーションが大切になります。 言葉で説明するだけではだめで,きちんとした論説文を作成できることが重要なのです。 タッチタイプができると,文書作成が速いので有利です。